税理士法人朝日中央綜合事務所

相続税申告について

  1. 相続のことなら朝日綜合中央事務所
  2. >相続税申告について
  3. >セカンド・オピニオン

相続税申告について
セカンド・オピニオン

相続税の申告でセカンド・オピニオンが重要な理由

  • 親の代から付き合いのある税理士さんに、そのまま相続税申告もお願いします。
  • 税務のことはあまりよく分からないので、地元の税理士さんにお願いします。
  • 友人または親戚の税理士さんにお願いします。

相続が発生された際には、漠然と上記のことを考えておられる方が少なくないのではないでしょうか。
しかし、それだけの要素で相続税申告を完結させて、本当によろしいでしょうか。
医師であっても、内科医と外科医とでは異なります。また同じ内科医でも、消化器系、呼吸器系、循環器系と得意とする分野が細分化されています。それと同様に、「税理士の資格を有しているから、税務関係はパーフェクトに対応できる」とは限りません。その依頼する先の税理士さんは、もしかすると会社決算には長けているが、相続税申告のご経験が少ないかもしれません。また、税理士さん自身がご高齢であるため、最新の税制改正に関していささか不安があるかもしれません。

毎年行われる会社決算や確定申告と異なり、相続税申告は一生のうちで数少ない大きな税務イベントです。しかし税金計算で扱う項目が複雑であるうえに、納税額も多額になるのが一般的です。
単一の意見を鵜呑みにして相続税申告を行った結果、
・後になって税務調査等があって、多額の税金を払わされた。
・または、本来ならば納めなくてもいい税金まで余計に納めていた。

という問題に発展しないとも限りません。

このような方におすすめします

  • 顧問税理士との昔からの信頼関係を壊したくはない。しかし、相続税申告には「もう一段階のチェック機能」が欲しい。
  • 多方向からの専門家の意見を聞くことで、より多くの選択肢を得たい方。
  • 税務当局の相続税調査を最良に近いかたちで乗りきりたい方。

セカンド・オピニオン。一手間であるかもしれませんが、お客様にとって一生のうちで大きな節目でもあるご相続を、最良の形で行うための布石でもあります。相続税申告に一度に多額の財産が移動する特色があるからこそ、その一手間が大きな意味を持つのです。
税理士法人朝日中央綜合事務所は相続に関して豊富な専門ノウハウを有していますので、これらの専門ノウハウを駆使して皆様にセカンド・オピニオン・サービスを提供いたします