公正証書遺言の作成

コラム

公正証書遺言の作成

 

今回は公正証書遺言の作成についてご案内いたします。

 

前回の自筆証書遺言と違い、公正証書遺言は遺言書自体を「公正証書」という形式で公証人役場に保存しますので、紛失や改ざん等の心配はありません。

 

また、作成には証人の立ち会いが必要とされますので、遺言の存否が問題となることもありません。

 

上記の特性から自筆証書遺言のデメリットが公正証書遺言では解消されるともいえます。

 

 

公正証書遺言の欠点

ただし、公正証書遺言にも欠点があります。

 

一つは遺言書に関する証書の作成費用として、法律行為の目的価額に応じて公証人役場での作成費用がかかることです。

 

また、作成には2人以上の証人の立ち会いが必要ですが、ご自身で証人を準備できない場合には役場から弁護士等を紹介してもらうことができますがその費用が必要となります。

 

また、遺言者自身の印鑑証明や相続人の把握のための戸籍等が必要となりますので取寄費用も必要となります。

 

二つ目は、証人の立ち会いが必要となることから、遺言の内容が外に漏れる可能性があることです。

 

 

次回は公正証書遺言の作成方法についてご案内いたします。

ブログトップへ戻る