非上場株の鑑定評価報告書作成業務

商品のご紹介

非上場株の鑑定評価報告書作成業務

1. このような方におすすめします

●相続した非上場株式を売却又は会社に購入してもらいたい方。

●非上場株式売却のための参考情報として専門家である公認会計士、税理士等の第三者の非上場株式鑑定書が必要な方。

●遺産分割協議、遺留分算定のために非上場株式の時価情報が必要な方。※1

●裁判所の商事非訟手続で公認会計士、税理士等の第三者の専門家の非上場株式の鑑定書が必要な方。

●M&Aで株式の合併比率のために非上場株式の鑑定書が必要な方。

※1 相続税評価額と時価の違い
非上場株式は上場株式と異なり、市場価格が存在せず、時価の算定が困難です。そのため、評価の目的(相続税評価の目的か売買目的か)に応じて評価する方法も異なってきます。一般的に、相続税評価額は、課税の公平性の観点から時価より低くなる傾向がありますので、非上場株式の売買をお考えの際は、当事務所にご相談されることをおすすめします。

2. 評価報告書作成業務の流れ

3. 当事務所の強み

①非上場株式の評価に熟練した専門家が多数在籍。複数の視点からの検証が可能。
●過去多数の評価実績があり、ノウハウが蓄積。
●審査体制がしっかりしており、複数の専門家がチェック。
●過去の裁判例等をふまえた評価の検証。

②お客様のご要望に応じて、非上場株式の売買について、朝日中央グループの税理士、弁護士が税務
面、法務面のワンストップサービスを提供。
●税理士によるタックスオピニオン(税務面のアドバイス)。
●弁護士による売買交渉の代理(法務面のサポート)。

4. 報酬について(税別)

・分かりやすい安心の報酬体系!
・事前のお見積もり
【報酬の計算式】目安:1社当たり評価額の1%(最低報酬50万円) ※子会社等がある場合、要相談
① 契約時に50~100万円   ② 鑑定書の報告完了時に残金

ブログトップへ戻る