生命保険金を利用した節税

コラム

生命保険金を利用した節税

 

生命保険金の非課税枠

生命保険金には非課税枠があり、相続人が受け取った生命保険金には相続税はかかりません。

 

例えば、相続人が2人の場合は1,000万円まで、相続人が4人の場合は2,000万円までは税金を支払うことなく受け取ることができます。

 

このように、死亡保険金を利用することで相続財産を減らし、課税される相続税を減らすことができます。

 

また、生命保険金は受取人を指定することができるので、相続人同士での遺産分割協議をする必要がありません。

渡したい人に確実に現金を渡すことができます。

 

 

保険金受取人は誰にするか

生命保険金の受取人を、配偶者に指定している方もいらっしゃると思います。

 

配偶者を保険金受取人に指定するよりも、子供や孫に指定したほうが節税効果は大きくなります。

 

なぜなら、配偶者には、配偶者の税額軽減という制度があるので、法定相続分または1億6,000万までは相続税はかからないからです。

 

まだ生命保険金に加入されていない方は、自身を被保険者とした生命保険に加入すること、すでに生命保険に加入しており配偶者を保険金受取人に指定している方は、受取人を子供や孫に変更することをおすすめします。

ブログトップへ戻る