路線価が公表されました

コラム

路線価が公表されました

 

 

既にニュースや新聞で目にした方もいらっしゃるかと思いますが、7月2日に、平成30年分の路線価が公表されました。

 

路線価とは、道路に面する宅地1㎡あたりの評価額をいい、相続税申告や贈与税申告の際に、土地を評価するために使うものです。

 

例えば、ご自宅前の路線価が20万円で自宅地積が200㎡の場合、自宅敷地の評価額は4,000万円(=20万円/㎡×200㎡)となります。

 

※実際に申告する際には、奥行価格補正率等なども加味して評価します。

 

ちなみに、日本一路線価が高い場所は、33年連続で東京・銀座の鳩居堂前(銀座5丁目)となり、1㎡あたり4,432万円でした。これは、はがき1枚分の敷地で約65.6万円の計算となります。

 

路線価は、国税庁のホームページ(http://www.rosenka.nta.go.jp)から閲覧することができますので、例えば、ご自宅の相続税評価額がいくらくらいになるのか等興味がある方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

 

ブログトップへ戻る