税理士法人朝日中央綜合事務所

非上場株式評価について

  1. 相続のことなら朝日綜合中央事務所
  2. >非上場株式評価について

株式株式評価コンテンツ

非上場株式評価について
非上場株式の時価評価の方法

非上場株式の時価評価の方法

非上場株式は、上場株式と異なり、取引市場がなく、時価の算定が困難です。そのため、その時価を算定するには、その評価目的に応じて株式価値評価を行う事になります。非上場株式の評価方法は様々な方法(インカムアプローチ、マーケットアプローチ、ネットアセットアプローチ、国税庁方式)がありますが、その評価の目的(企業価値算定目的、税務目的)に応じて算定していくことになります

組織再編、新株発行、自己株式取得、譲渡制限株式の譲渡価格決定事件等の場合は、企業価値算定を主目的として、実務上、日本公認会計士協会が公表している企業価値評価ガイドラインを参考に、評価対象会社の置かれている個別の事由を考慮して、評価方法を決定していくことになります。

  • インカムアプローチ

    評価対象会社の将来期待される利益やキャッシュフローに基づいて、価値を評価する方法

  • マーケットアプローチ

    評価対象会社と類似している上場同業他社の株価に基づいて、価値を評価する方法

  • ネットアセットアプローチ

    評価対象会社の財政状態(貸借対照表の純資産)に基づいて、価値を評価する方法

M&Aで会社を第三者に売却する場合、企業価値算定の他に、売却先の選定から売却までのアドバイザリー業務(FA:ファイナンスアドバイザリー)や財務デューデリジェンス(買い手が売り手企業の資産の劣化、不良資産の存在、負債の過少計上、重要な簿外債務の発見等、買収先企業の価値判断をするため、企業が作成した財務諸表の適正性を検証する業務)を行う必要があります。

主に相続・贈与や譲渡税の計算を行う場合は、税金計算を行うことを主目的として、国税庁が公表している財産評価基本通達に基づき、株式価値を算定していくことになります。取引相場のない株式の評価方式には、原則的評価方式と配当還元方式の2つの方式があります

  • 原則的評価方式

    会社規模に応じて、類似会社比準方式と純資産法を組み合わせて評価する方法

  • 配当還元方式(例外)

    過去の1株当たりの配当金を基に評価をする方法